セブ島留学 PR

憧れの「英語留学」はセブ島がおすすめ!物価と費用をチェック!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「セブ島英語留学は安いと聞くけど、どれぐらい必要?」

「物価はどれぐらい?」

フィリピンのセブ島は、英語留学のメッカとなっており、南の島リゾートとして有名。その物価の安さで、英会話学習者の夢でもある「英語留学」を気軽に実現してくれる素敵な場所なんです。欧米への留学前準備としてもセブ島の英会話スクールが活用されています!

本記事では、セブ島留学を考えている方に向けて、セブ島の物価や留学にかかる費用、安く生活するコツについて解説します。

アッピー
アッピー
短期間でも本気で英会話を勉強、本気でリゾートライフが実現するのがセブ島です!しっかり計画をたてて、有意義な留学を実現しましょう!

セブ島の物価はどれぐらい?

セブ島はフィリピン中部に位置するリゾート地であり、多くの観光客が訪れることで知られています。物価は日本と比較すると安いとされていますが、実際にどの程度の水準であるのでしょうか。

セブ島の物価の概要

セブ島の物価は一般的に安いとされています。具体的には、飲食店での食事は1食あたり約200円から500円程度、市場での生鮮食材は1キロあたり100円から300円程度。交通費はタクシーでの移動が1キロあたり約50円から100円程度となっています。また、ホテルやショッピングモールなどでは日本と同程度の価格帯になる場合もあります。

セブ島の物価水準の特徴

セブ島の物価水準には以下のような特徴があります。

  • 住居費が安い
    セブ島では、日本と比較して住居費が格段に安いとされています。1ベッドルームのアパートメントを借りる場合、月額家賃は約2万円から3万円程度となっています。ただし、高級住宅地などでは家賃が上昇する傾向にあります。
  • 食材が格安
    セブ島では、生鮮食材が安く手に入るため、自炊をする場合はコスパが非常に良いとされています。また、市場で売られているフルーツや野菜は新鮮で味も良く、その種類も豊富です。
  • 外食がリーズナブル
    セブ島では、外食もリーズナブルな価格帯で提供されています。ローカルフードから日本食、欧米料理まで、多様なジャンルの飲食店があります。また、ホテル内のレストランやバーも日本と比較してリーズナブルであり、バリエーションも豊富です。
  • 日用品は日本と同程度
    日用品は、日本と同程度の価格帯で提供されています。コンビニやスーパーでは、日用品から化粧品、お土産まで幅広い商品が揃っており、手軽に購入することができます。ただし、輸入品や日本のブランド商品は、日本と同等以上の価格帯になる場合があります。
  • 交通費は安いが、渋滞に注意
    セブ島では、タクシーでの移動が比較的安いため、観光地やショッピングモールへの移動に便利です。ただし、渋滞が発生することが多く、交通渋滞に巻き込まれることもあります。また、自転車やバイクをレンタルする場合もありますが、交通事故に遭う危険性があるため、注意が必要です。
  • 観光地は日本と比較して格安
    セブ島には、観光スポットが多数あります。ビーチリゾートや歴史的建造物、自然公園など、多様なジャンルがあります。日本と比較すると、入場料やツアー費用が格段に安いため、観光地での費用も抑えることができます。

以上のように、セブ島の物価は一般的に安いとされています。住居費や食材、外食、観光費用など、様々なジャンルで格安なものが揃っているため、リーズナブルに留学や旅行を楽しむことができます。

輸入品や日本のブランド商品、一部の高級住宅地などは、日本と同程度以上の価格帯になる場合もあるため、予め注意が必要です。

また、交通渋滞に巻き込まれないよう、移動手段には注意が必要です。セブ島を訪れる際には、これらの特徴を踏まえた上で、旅行計画を立てることをおすすめします。

セブ島留学費用 計画と注意点

留学費用は、語学学校の選択や留学期間、生活費などによって大きく異なります。そのため、留学前にはしっかりと留学費用の予算計画を立てることが必要です。

 

セブ島留学費用の目安

語学学校の学費:1か月あたり10万円程度〜。
生活費:1か月あたり6万円程度〜。
航空券代:往復で8万円程度〜。

ただし、語学学校の種類や期間、生活スタイルによって留学費用は大きく異なるため、留学前には十分な予算計画が必要です。

例えば、語学学校の選択やホームステイの利用によって、生活費を抑えることもできます。また、留学期間が長ければ長いほど、1か月あたりの費用は割安になる傾向があります。

航空券やホテルの予約方法

セブ島に行くためには、まずは航空券を手配する必要があります。安く航空券を手に入れるには、以下の方法があります。

  • 早期予約割引を利用する
  • マイルを活用する
  • キャッシュバックサイトを利用する

また、宿泊費も大きな費用の一つです。安く宿泊する方法としては、以下が挙げられます。

  • ホテルの公式サイトより予約する
  • Airbnbを利用する
  • ゲストハウスを利用する

留学期間の選び方

留学期間を選ぶ際には、以下のことを考慮しましょう。

留学先での生活費を考慮する
オフシーズンに留学する
留学期間が長くなるほど割引がある場合がある

留学先の選び方

留学先を選ぶ際には、以下のことを考慮しましょう。

  • 生活費が安い場所を選ぶ
  • 留学先の評判や実績を調べる
  • 留学先の選択肢を複数用意する

 

留学費用のサポートを受ける方法

留学費用のサポートを受ける方法としては、以下があります。

  • 留学エージェントに相談する
  • 留学先の大学や語学学校に奨学金制度がある場合がある
  • 日本国内での金融機関の留学ローンを利用する

 

セブ島留学費用の注意点

セブ島留学費用について注意すべき点としては、以下のようなものが挙げられます。

生活費に関する予算が不十分な場合、現地での生活に不自由する可能性があります。
予期せぬ出費が発生することもあるため、十分なリザーブを確保することが必要です。
留学期間中に健康問題が発生した場合、治療費がかかる可能性があるため、保険に加
入することをおすすめします。

セブ島留学には、語学学校の学費、生活費、航空券代など、様々な費用がかかります。また、留学期間や生活スタイルによって留学費用は大きく異なるため、留学前には十分な予算計画が必要です。留学を考える際には、自分の予算に合った留学計画を立てることが重要です。

留学期間別に見る!セブ島留学の費用例

留学期間が短いほど、費用は比較的少なくて済みますが、長い留学期間になると、費用も大幅に増えます。留学する前に、自分が何か月間留学するかを決め、それに合わせた費用の見積もりをすることが大切です。こちらは、かなり安くすませた場合の例です。

  • 1ヶ月の留学
    留学期間が1ヶ月の場合、学費と生活費を合わせると、最低でも20万円以上は必要です。学費は、週20時間程度の授業を受ける場合、1週間あたり4万円前後が一般的です。生活費は、1か月あたり6万円前後が目安です。また、航空券代は片道4万円前後、ビザ代は1万円から2万円程度です。
  • 3ヶ月の留学
    留学期間が3ヶ月の場合、学費と生活費を合わせると、最低でも60万円以上は必要です。学費は、週20時間程度の授業を受ける場合、1週間あたり4万円前後が一般的です。生活費は、1か月あたり6万円前後が目安です。また、航空券代は往復8万円前後、ビザ代は2万円程度です。
  • 6ヶ月の留学
    留学期間が6ヶ月の場合、学費と生活費を合わせると、最低でも120万円以上は必要です。学費は、週20時間程度の授業を受ける場合、1週間あたり4万円前後が一般的です。生活費は、1か月あたり6万円前後が目安です。また、航空券代は往復8万円前後、ビザ代は3万円程度です。
  • 1年の留学
    留学期間が1年の場合、学費と生活費を合わせると、最低でも240万円以上は必要です。学費は、週20時間程度の授業を受ける場合、1週間あたり4万円前後が一般的です。生活費は、1か月あたり6万円前後が目安です。また、航空券代は往復8万円前後、ビザ代は4万円程度です。
学習プラン・料金一覧(QQEnglish ITパーク校)

セブ島での交通費

タクシー、ジプニーなどの乗り物費用

セブ島での移動手段として、タクシーやジプニーなどの公共交通機関があります。以下は、セブ島でのタクシーとジプニーの基本的な料金についてです。

  • タクシー:
    初乗り料金は40ペソ(約85円)〜
    1kmあたり15ペソ(約32円)〜
  • ジプニー:
    1回の乗車料金は8ペソ(約17円)〜
    市内を走るバスとして、セブ島では一般的な交通手段です。

また、セブ島では、乗り物をシェアすることで移動費用を抑えることもできます。例えば、GrabやAngkasなどのライドシェアアプリを利用すれば、タクシーやオートバイタクシーを安く利用することができます。

オートバイや自動車の購入費用や維持費用

セブ島では、オートバイや自動車を購入することもできます。購入費用については、以下のような金額が一般的です。

  • オートバイ:
    中古車で10,000ペソ(約21,500円)〜
    新車で30,000ペソ(約64,500円)〜
  • 自動車:
    中古車で100,000ペソ(約215,000円)〜
    新車で400,000ペソ(約860,000円)〜

また、自動車やオートバイを購入した場合の維持費用については、以下のような金額がかかります。

  • 自動車のガソリン代:
    1リットルあたり50ペソ(約107円)〜
  • 自動車の自動車保険:
    1年あたり5,000ペソ(約10,750円)〜
  • オートバイのガソリン代:
    1リットルあたり50ペソ(約107円)〜
  • オートバイの自動車保険:
    1年あたり2,000ペソ(約4,300円)〜

自動車やオートバイを所有する場合には、これらの維持費用も計算に入れる必要があります。また、セブ島では道路事情が整備されておらず、交通ルールもあまり守られていないため、運転には十分注意が必要です。

セブ島での生活費について

セブ島での食費の平均的な金額

セブ島での食費は、日本と比較して格段に安いとされています。一般的に、飲食店での食事は1食あたり約200円から500円程度となっています。

また、市場での生鮮食材は1キロあたり100円から300円程度となっています。飲料水や缶コーヒーなどの日用品についても、日本と比較すると安価です。ただし、輸入品や日本のブランド商品などは、日本と同等以上の価格帯になる場合があります。

セブ島での住居費

セブ島での住居費は、日本と比較して格段に安いとされています。一般的に、1ベッドルームのアパートメントを借りる場合、月額家賃は約2万円から3万円程度となっています。

ただし、高級住宅地などでは家賃が上昇する傾向にあります。また、賃貸物件によっては、家賃に水道光熱費が含まれている場合があります。

セブ島 ITパーク内の住居費

フィリピンでIT産業が発展しており、セブ島にはセブITパークというIT産業が集積するエリアがあります。セブ島ITパーク内はセブ島の中でも住居費が高額で知られています。

1ベッドルームのアパートメントを借りる場合、月額家賃は約2万ペソ(約4.5万円)から3万ペソ(約6.8万円)程度となっています。

ITパーク内には、多くのアパートメントがありますが、設備やセキュリティなどについては物件によって異なります。安全性や快適性を確保するためには、物件の内部を確認することが重要です。

セブ島ITパークガイド(QQEnglish ITパーク校)

 

セブ島での水道光熱費の平均的な金額

セブ島での水道光熱費は、日本と比較すると格段に安いとされています。一般的に、1ヶ月の光熱費は約2,000ペソ(約4,600円)から3,000ペソ(約6,900円)程度、水道光熱費を含む家賃の場合は、月額家賃が約4万ペソ(約9万円)から5万ペソ(約11万円)程度となっています。ただし、エアコンや暖房器具を多用する場合や、高級住宅地に住んでいる場合は、水道光熱費が上昇する傾向があります。

セブ島では、エアコンや暖房器具を多用する場合、光熱費が上昇するため、節電に心がけることが大切です。

 

セブ島での物価を安くする方法

セブ島での物価を安くする方法について、ローカルフードの利用、宿泊先や交通手段の節約、値切り交渉のポイントについて紹介します。

ローカルフードを食べる

セブ島では、フィリピン料理が主流であり、多くのローカルフード店があります。一般的に、ローカルフード店で食事をすると、日本と比較して格段に安価であるとされています。

例えば、1食あたり100ペソ(約230円)程度で食べられる場合もあります。また、市場での生鮮食材は1キロあたり100ペソから300ペソ程度となっています。ローカルフードを食べることで、日本と比較して物価を抑えることができます。

宿泊先や交通手段の節約

セブ島では、ホテルや旅館のほか、ゲストハウスやシェアハウスなど、様々な宿泊先があります。一般的に、ホテルや旅館は日本と比較して格段に安価であるため、宿泊先を選ぶことで物価を抑えることができます。

また、交通手段としては、タクシーやジプニー、モータータクシーなどがあります。一般的に、タクシーの運賃は日本と比較して安価であり、ジプニーの運賃も格安であるため、比較的安価になるとされています。節約に繋がる乗り物の利用も視野に入れましょう。

値切り交渉のポイント

フィリピンでは、値切り交渉が一般的であり、商品の価格を下げることができます。セブ島でも、市場やお土産屋などでの値切り交渉が可能です。値切り交渉のポイントは、以下の通りです。

  • 相場を調べる:
    事前に相場を調べておくことで、値切り交渉がしやすくなります。また、フィリピンの物価が安いため、日本と比較して相場が格段に安いこともあります。
  • 交渉するタイミング:
    一般的に、朝一番や閉店前など、売上が伸び悩んでいるタイミングで交渉することが有利です。
  • 笑顔で交渉する:
    フィリピンでは、笑顔が大切であり、笑顔で交渉することで、交渉がスムーズに進むことがあります。
  • 妥協する:
    値切り交渉は、妥協が大切です。目安としては、半額以下で購入することができるとされています。

まとめると、セブ島での物価を抑える方法として、ローカルフードの利用、宿泊先や交通手段の節約、値切り交渉のポイントなどがあります。ローカルフードを食べることで、格安で食事を済ませることができます。

宿泊先や交通手段を工夫することで、交通費や宿泊費を抑えることができます。また、値切り交渉にはポイントがあり、事前に相場を調べておくことや、笑顔で交渉することが有効です。これらの方法を活用することで、セブ島での物価を安くすることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
セブ島留学、とっても魅力的ですよね。

熱帯の島に位置するセブ島は、白い砂浜とクリアな海に囲まれ、語学留学に理想的な場所です。英語学習においても有名なセブ島では、世界中から多くの留学生が訪れます。

英語力の向上はもちろん、新しい文化や友人、思い出を手に入れましょう。セブ島の人々は親切で、留学生を暖かく迎えてくれます。

留学前にしっかりと留学費用の予算計画を立て、自分に合った留学計画を立てれば、心配なく楽しい留学をすることができます。セブ島留学で最高の体験を手に入れ、素晴らしい思い出を作りましょう!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA