セブ島留学 PR

英語が通じる国ランキング20!留学と旅行におすすめのアジアとヨーロッパ!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「英語が通じる国を旅行したい!」
「英語留学できる国が知りたい」

と、思っている方はたくさんいらっしゃると思います。

アジア、ヨーロッパ、アフリカ、中南米…地域ごとに英語が通じる国がどんな特徴を持っているのか、また、英語を活用する旅行のポイントや、英語が通じない国でも楽しむ方法も解説します。

旅行先で現地の人と交流したい、留学先で英語を活かしたい、そんなあなたにぴったりの情報が盛りだくさんです。

アッピー
アッピー
こんにちは!海外旅行のためにオンライン英会話を始めて14年、受講回数1300回のアッピーです。英会話学習中の皆さんのお悩み解決になるような記事を目指しています。

 

英語が通じる国のランキング

 

 

海外旅行や留学を検討する際、英語が通じる国は非常に魅力的ですね。最近では、Googleなどのアプリを使えば、英語以外の言語でも、スマホで簡単に翻訳できる時代になりました。

でも、せっかく学生時代に勉強した英語。得意だった人も苦手だった人も、他の言語よりハードルが低いのが、世界の公用語である英語なのです。

トップ20英語が通じる国ランキング

ここにあげたトップ20の国々は、文化的な多様性、自然の美しさ、観光スポットの豊富さ、そして英語を話す人々の存在が、日本人にとって魅力的な渡航先となっています。

これらの国々は、英語を母国語としている国や、英語を第二言語として幅広く使用している国です。英語を活かして旅行や留学を楽しみたい方には、おすすめです。

 

  1. イギリス:英語の起源とも言える国で、世界で最も英語が通じる国の一つです。ロンドンのビッグベンやタワーブリッジ、ストーンヘンジなどの歴史的な観光地が魅力です。
  2. アメリカ:映画や音楽で馴染み深いアメリカ英語が通じます。自然豊かな国立公園から、ニューヨークやロサンゼルスなどの大都市まで、多種多様な観光地があります。
  3. カナダ:自然と都市の両方を楽しむことができ、英語が通じます。ロッキー山脈の美しい風景や、多文化都市トロント、フレンチカナダの魅力を感じられるケベックなどが観光地として人気です。
  4. オーストラリア:自然豊かな国で、シドニーオペラハウスやグレートバリアリーフなどの観光地があります。また、オーストラリア英語は独特のアクセントがありますが、ゆっくりと話してくれる人が多いです。
  5. ニュージーランド:映画「ロード・オブ・ザ・リング」の舞台としても知られる美しい自然環境が魅力です。また、ニュージーランド英語は発音が綺麗で、ゆっくりと話してくれる人が多いです。
  6. シンガポール:シンガポールは、英語が公用語の一つであり、多くの人々が流暢に英語を話すことができます。シンガポールは多文化国家で、マレー語、中国語(特に広東語と北京語)、タミル語も公用語として認められています。しかし、教育は主に英語で行われ、公的な文書や看板、交通機関、レストランなどでも英語が主に使用されます。
  7. オランダ:公用語はオランダ語ですが、英語が非常によく通じます。アムステルダムの運河や風車、チューリップ畑などが観光地として人気です。
  8. アイルランド:アイルランドでは、英語が主要な言語として広く使われています。公用語はアイルランド語と英語ですが、日常生活ではほとんどの人々が英語を話します。緑豊かな風景、古代の城、そして活気ある都市は、観光地として人気です。
  9. デンマーク:公用語はデンマーク語ですが、英語が非常によく通じます。コペンハーゲンの美しい街並みや、世界的に有名なリトルマーメイドの像などが観光地として人気です。
  10. スウェーデン:公用語はスウェーデン語ですが、英語が通じます。ストックホルムの美しい街並みや、北部の美しい自然などが観光地として人気です。
  11. ノルウェー:公用語はノルウェー語ですが、英語が通じます。フィヨルドの美しい風景や、オーロラを見ることができる北部の地域などが観光地として人気です。
  12. フィンランド:公用語はフィンランド語ですが、英語が通じます。ヘルシンキの美しい街並みや、ラプランド地方でのオーロラ観光、サンタクロース村などが観光地として人気です。
  13. タンザニア: この元イギリス植民地では、特に都市部や観光業界で英語が広く話されています。サファリパークが多数あり、世界最大のセロウスゲームリザーブや最も有名なセレンゲティ国立公園などがあります。また、アフリカ最高峰のキリマンジャロへの登山や、トロピカルな島ザンジバルでのリラクゼーションも楽しめます。
  14. フィリピン: フィリピンでは、英語は主要な言語ではありませんが、タガログ語と並んで広く話されています。政府やビジネスの言語として英語を使用し、フィリピン人は学校で英語を学び、ネイティブスピーカーとの交流を通じて英語を使う機会が多いです。
  15. スロベニア: スロベニア人は言語を愛し、英語を完璧に話す親しみやすい地元の人々がいます。首都リュブリャナや美しい湖、ブレッド湖やボヒニ湖などが観光スポットとして人気です。
  16. ネパール: ネパールでは、簡単に英語でコミュニケーションを取ることができます。エベレスト山を含む高い山々、古代の町バクタプル、仏教の巡礼地など、魅力的なスポットがあります。
  17. インド: インドは多くの公認言語を持つ世界で最も人口が多い国の一つですが、政府の公用語として英語が採用されています。インド人は学校で英語を広範囲に学び、大学でも英語で授業を受けるため、英語を話さない人を見つけるのは非常に難しいでしょう。
  18. スリランカ: スリランカはかつてセイロンとして知られ、英語を話す人口の割合が高いです。経済的・社会的な問題により、混乱している場合があるので、渡航前にはチェックしましょう。
  19. マレーシア: マレーシアでは、英語は公用語ではありませんが、国内の3つの主要な民族が互いにコミュニケーションを取るために使用しています。そのため、マレーシアに移住すると、列車のチケットを購入したり、バスに乗ったり、公的な手続きをしたりする場合は、英語が通じる事が多いでしょう。
  20. 台湾: 台湾は日本からの距離が近く、親日的な国として知られています。台湾料理や夜市、美しい自然や歴史的な観光地が魅力です。また、英語が通じる人も多いです。

 

英語が通じるアジアの国

 

ここでは、ランキング入りしたシンガポール、フィリピン、マレーシア、インド、台湾について解説します。

シンガポールの魅力

シンガポールは、その多文化的な社会と、英語、マレー語、中国語、タミル語の4つの公用語を持つ国として知られています。これは、留学生にとっては、異なる文化と言語を学ぶ絶好の機会です。また、シンガポールは、その安全性とクリーンさでも世界的に評価されています。

気候

シンガポールは赤道に位置しているため、一年中暖かく、湿度が高い熱帯気候です。平均気温は25℃から31℃で、一年を通してほとんど変わりません。これは、冬の寒さから逃れたい人々にとっては、理想的な選択肢となります。

おすすめの観光スポット
  • マリーナベイサンズ: この象徴的な建物は、シンガポールのスカイラインを特徴づけています。展望デッキからは、シンガポールの壮観な景色を一望することができます。
  • ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ: この美しい庭園は、特に夜間のライトアップが見事です。スーパーツリーグローブやクラウドフォレストなど、見逃せないスポットがたくさんあります。
  • シンガポール動物園: 世界で最も美しいと評価されている動物園の一つで、自然な環境で動物たちを見ることができます。
旅行するときの注意事項

シンガポールは、法律が厳格で知られています。ガムの販売や飲食店での飲食後の清掃を怠ることなど、他の国では当たり前の行為が罰せられることがあります。また、熱帯気候なので、日焼け止めや虫除けスプレーを忘れずに持って行くことをおすすめします。

フィリピンの魅力

フィリピンは、その豊かな自然と温かい人々のホスピタリティで知られています。また、フィリピンは英語が公用語の一つであり、留学生にとっては英語を学ぶ絶好の機会です。さらに、生活費が比較的安いため、長期滞在にも適しています。

気候

フィリピンは熱帯気候で、一年を通じて温暖です。年間平均気温は約26℃で、乾季(11月から4月)と雨季(5月から10月)があります。乾季は観光に最適な時期で、雨季でも雨が降るのは主に夕方で、日中は晴れることが多いです。

おすすめの観光スポット
  • セブ島:リゾート地でありながら、語学スクールが多数開業しており、留学先としてもおすすめです。
  • ボラカイ島: フィリピンを代表するリゾート地で、白い砂浜と透明な海が魅力です。ウォータースポーツやダイビングも楽しめます。
  • パラワン島: 世界自然遺産にも登録されているこの島は、美しい海と豊かな自然が魅力。特にエルニドやコロン島は見逃せません。
  • マニラ: フィリピンの首都で、歴史的な建造物や美術館、ショッピングモールなどが集まる都市です。

 

旅行するときの注意事項

フィリピンは比較的安全な国ですが、都市部ではスリや詐欺に注意が必要です。また、雨季には台風が頻繁に発生するため、旅行の計画を立てる際には気候を考慮することが重要です。さらに、日差しが強いため、日焼け止めは必須です。

マレーシアの魅力

マレーシアは、マレー人、中国人、インド人など、多様な民族が共存する多文化国家です。それぞれの文化が融合し、独特の料理や祭り、伝統を生み出しています。また、英語が広く使われているため、留学生にとっては安心して生活できる環境です。

気候

マレーシアは熱帯雨林気候で、一年中暖かく湿度が高いです。年間平均気温は約27℃で、年間を通じて気温の変動は少ないです。雨季と乾季がありますが、雨季でも一日のうち数時間雨が降る程度で、観光には大きな影響はありません。

おすすめの観光スポット
  • クアラルンプール: マレーシアの首都で、モダンなビルと伝統的な建物が共存する都市です。特に、ペトロナスツインタワーは見逃せません。
  • ペナン島: 「東洋の真珠」とも称されるこの島は、その歴史的な建物と美食で知られています。特にジョージタウンの歴史地区はユネスコの世界遺産に登録されています。
  • ボルネオ島: 世界最大の島の一つで、豊かな自然と野生動物が魅力です。オランウータンを見ることができる保護区もあります。

 

旅行するときの注意事項

マレーシアは比較的安全な国ですが、都市部ではスリや詐欺に注意が必要です。また、熱帯雨林気候なので、日焼け止めや虫除けスプレーを忘れずに持って行くことをおすすめします。さらに、マレーシアはイスラム教の国なので、公共の場では肌の露出を控えめにするなど、現地の習慣と文化を尊重することが大切です。

インドの魅力

インドは、その多様な文化と深い歴史、そして美味しい料理で知られています。インド料理は、スパイスの効いたカレーやナン、タンドリーチキンなど、その多彩さは訪れる者を魅了します。また、インドはヨガや瞑想の発祥の地であり、スピリチュアルな旅を求める人々にとっては絶好の目的地です。

気候

インドは大陸のため、地域によって気候は大きく異なります。一般的に、冬(10月から3月)は乾燥して温暖で、最適な観光シーズンです。夏(4月から6月)は高温になり、その後モンスーン(雨季)が訪れます。

おすすめの観光スポット
  • タージ・マハル: 世界遺産にも登録されているこの白亜の建築物は、インドを象徴する観光地です。
  • ジャイプール: 「ピンクシティ」の愛称で知られるこの都市は、その美しい建築物と市場で有名です。
  • ゴア: インド西部のリゾート地で、美しいビーチとポルトガル風の建築物が魅力です。
旅行するときの注意事項

インドは比較的安全な国ですが、都市部ではスリや詐欺に注意が必要です。また、飲食に関しては衛生状態に注意し、未調理の食物や水道水の摂取は避けるようにしましょう。さらに、インドは保守的な国であるため、公共の場では肌の露出を控えめにするなど、現地の習慣と文化を尊重することが大切です。

台湾の魅力

台湾は、その独特の文化と歴史、そして美味しい料理で知られています。台湾料理は、中国各地の料理や日本料理、原住民の料理など、多様な影響を受けており、その多彩さは訪れる者を魅了します。また、台湾人の親しみやすさとホスピタリティも、台湾の大きな魅力の一つです。

気候

台湾は亜熱帯気候で、一年を通じて温暖です。夏は暑く湿度が高く、冬は比較的温暖で乾燥しています。台湾の最も美しい季節は春(2月から4月)と秋(10月から12月)で、観光には最適な時期です。

おすすめの観光スポット
  • 台北: 台湾の首都で、モダンなビルと伝統的な寺院が共存する都市です。特に、台北101や
  • 士林夜市、故宮博物院は見逃せません。
  • 九份: 昔ながらの街並みが残るこの町は、その風情ある景色で知られています。特に、茶屋やお土産屋が立ち並ぶ旧道は、まるで映画の一場面のようです。
  • 太魯閣国家公園: 壮大な峡谷と美しい自然が広がるこの公園は、ハイキングや写真撮影に最適なスポットです。
旅行するときの注意事項

台湾は比較的安全な国ですが、都市部ではスリや詐欺に注意が必要です。また、台湾は地震が頻繁に発生する地域なので、地震への対策を事前に確認しておくことをおすすめします。さらに、台湾の夏は暑く湿度が高いため、水分補給をこまめに行うことが大切です。

英語が通じるヨーロッパの国

 

 

ヨーロッパは、英語が公用語とされている国や英語が第二言語として使用されている国が多数存在します。

ランキング入りした、イギリス、アイルランド、オランダ、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、スロベニアについて解説します。

イギリスの魅力

イギリスは、その歴史的な建築物、美しい自然、そして世界的に有名な大学で知られています。ロンドン、エディンバラ、オックスフォードなど、各都市はそれぞれ独特の魅力を持っています。また、イギリスは英語の発祥の地であり、留学生にとっては英語を学ぶ絶好の機会です。

気候

イギリスは温帯海洋性気候で、一年を通じて温度差が少なく、湿度が高いです。夏は比較的涼しく、冬はそれほど寒くありません。ただし、雨が多いため、雨具は必須です。

おすすめの観光スポット
  • ロンドン: ビッグベン、ロンドン塔、ブリティッシュ・ミュージアムなど、見どころが満載の都市です。
  • エディンバラ: スコットランドの首都で、エディンバラ城やロイヤルマイルが有名です。
  • ストーンヘンジ: 古代の神秘的な石の円形列石は、世界遺産にも登録されています。

 

旅行するときの注意事項

イギリスは比較的安全な国ですが、都市部ではスリや詐欺に注意が必要です。また、イギリスでは左側通行なので、道路を渡る際には十分注意しましょう。さらに、イギリスの天候は変わりやすいため、レイヤードスタイルの服装がおすすめです。

アイルランドの魅力

アイルランドは、「エメラルドの島」とも称されるその美しい自然で知られています。また、アイルランドはケルト文化の発祥の地であり、その豊かな文化遺産と神話、伝説が息づいています。さらに、アイルランド人は親しみやすく、そのホスピタリティは訪れる者を暖かく迎え入れます。

気候

アイルランドは温帯海洋性気候で、一年を通じて温度差が少なく、湿度が高いです。夏は比較的涼しく、冬はそれほど寒くありません。ただし、雨が多いため、雨具は必須です。

おすすめの観光スポット
  • ダブリン: アイルランドの首都で、トリニティ・カレッジやギネスストアハウスなどがあります。
  • クリフ・オブ・モハー: アイルランド西部にある壮大な海食崖は、その美しい景色で有名です。
  • リング・オブ・ケリー: 美しい海岸線と山々、古代の遺跡が点在するこのルートは、ドライブやサイクリングに最適です。

 

旅行するときの注意事項

アイルランドは比較的安全な国ですが、都市部ではスリや詐欺に注意が必要です。また、アイルランドでは左側通行なので、道路を渡る際には十分注意しましょう。さらに、アイルランドの天候は変わりやすいため、レイヤードスタイルの服装がおすすめです。

 

オランダの魅力

オランダは、その美しい風車とチューリップ、運河の風景で知られています。また、オランダは芸術の国でもあり、レンブラントやフェルメール、ゴッホなど、多くの偉大な芸術家を輩出してきました。さらに、オランダは自由で開放的な社会であり、多様性と寛容性が尊重されています。

気候

オランダは温帯海洋性気候で、冬は冷涼で夏は穏やかです。年間を通じて雨が降ることが多いので、雨具は必須です。春(4月から6月)はチューリップが咲き乱れる美しい季節で、観光には最適な時期です。

おすすめの観光スポット
  • アムステルダム: 運河と美しい建築物が並ぶ都市で、アンネ・フランクの家やヴァン・ゴッホ美術館などがあります。
  • キューケンホフ公園: 春には数百万本のチューリップが咲き乱れる、世界最大の花の公園です。
  • ロッテルダム: モダンな建築物で知られるこの都市は、創造性と革新の象徴です。
旅行するときの注意事項

オランダは比較的安全な国ですが、都市部ではスリや詐欺に注意が必要です。また、オランダは自転車の国で、自転車道が整備されていますが、歩行者としても自転車に注意する必要があります。さらに、オランダの天候は変わりやすいため、レイヤードスタイルの服装がおすすめです。

デンマークの魅力

デンマークは、その高い生活水準と社会福祉、そして美しいデザインで知られています。また、デンマークは「ハイギー」の国としても知られており、この心地よさや安らぎを感じる瞬間を大切にする文化は、訪れる者を魅了します。

気候

デンマークは温帯海洋性気候で、一年を通じて温度差が少なく、湿度が高いです。夏は比較的涼しく、冬はそれほど寒くありません。ただし、雨が多いため、雨具は必須です。

おすすめの観光スポット
  • コペンハーゲン: デンマークの首都で、美しい運河と歴史的な建築物が魅力です。特に、ニューハウン地区や王宮、美術館は見逃せません。
  • オーフス: デンマーク第二の都市で、現代的な美術館や歴史的な建築物があります。
  • レゴランド: レゴのテーマパークで、子供から大人まで楽しむことができます。

 

旅行するときの注意事項

デンマークは比較的安全な国ですが、都市部ではスリや詐欺に注意が必要です。また、デンマークは自転車の国で、自転車道が整備されていますが、歩行者としても自転車に注意する必要があります。さらに、デンマークの天候は変わりやすいため、レイヤードスタイルの服装がおすすめです。

スウェーデンの魅力

スウェーデンは、その美しい自然と洗練されたデザインで知られています。また、スウェーデンは社会福祉が充実しており、その高い生活水準は世界的に評価されています。さらに、スウェーデンは環境保護に力を入れており、持続可能なライフスタイルを追求しています。

気候

スウェーデンは北欧に位置しているため、冬は寒く、夏は涼しいです。北部では冬にオーロラを見ることができます。一方、夏は日照時間が長く、アウトドア活動に最適な季節です。

おすすめの観光スポット
  • ストックホルム: スウェーデンの首都で、美しい運河と歴史的な建築物が魅力です。特に、ガムラスタン(旧市街)やヴァーサ博物館は見逃せません。
  • ゴテボリ: スウェーデン第二の都市で、美しい港町として知られています。また、美味しいシーフードも楽しむことができます。
  • キルナ: 北部のこの町では、冬にはオーロラ、夏には白夜を体験することができます。
旅行するときの注意事項

スウェーデンは比較的安全な国ですが、都市部ではスリや詐欺に注意が必要です。また、スウェーデンは自転車の国で、自転車道が整備されていますが、歩行者としても自転車に注意する必要があります。さらに、スウェーデンの天候は変わりやすいため、レイヤードスタイルの服装がおすすめです。

ノルウェーの魅力

ノルウェーは、その壮大な自然と高い生活水準で知られています。フィヨルドや北極圏の美しい風景、オーロラなど、自然の驚異が詰まった国です。また、ノルウェーは社会福祉が充実しており、その高い生活水準は世界的に評価されています。

気候

ノルウェーは北欧に位置しているため、冬は寒く、夏は涼しいです。北部では冬にオーロラを見ることができます。一方、夏は日照時間が長く、アウトドア活動に最適な季節です。

おすすめの観光スポット
  • オスロ: ノルウェーの首都で、ヴィーキング船博物館やノルウェー民俗博物館などがあります。
  • ベルゲン: 美しいフィヨルドと歴史的な建築物が魅力の都市です。
  • トロムソ: 北部のこの町では、冬にはオーロラ、夏には白夜を体験することができます。

 

旅行するときの注意事項

ノルウェーは比較的安全な国ですが、都市部ではスリや詐欺に注意が必要です。また、ノルウェーの天候は変わりやすいため、レイヤードスタイルの服装がおすすめです。さらに、ノルウェーは物価が高い国なので、旅行の予算計画には注意が必要です。

フィンランドの魅力

フィンランドは、その美しい自然、豊かな文化、そして高い生活水準で知られています。数千もの湖と森が広がるこの国は、自然愛好家にとっては楽園です。また、フィンランドは教育制度が世界的に評価されており、留学生にとっても魅力的な選択肢となっています。

気候

フィンランドの気候は、季節によって大きく変わります。夏は日が長く、気温は20度以上になることもあります。一方、冬は非常に寒く、特に北部ではオーロラを見ることができます。春と秋は比較的穏やかで、自然の美しさを楽しむのに最適な季節です。

おすすめの観光スポット

ヘルシンキ: フィンランドの首都であり、美しい建築物、博物館、レストランが豊富にあります。特に、デザインが評価されているヘルシンキは、デザイン愛好家には見逃せない都市です。

  • ラップランド: 冬季にはスキーやスノーモービル、オーロラ観察など、様々なアクティビティを楽しむことができます。また、サンタクロースの故郷としても知られています。
  • サヴォリンナ: 中世のオラヴィ城があるこの町は、フィンランドの歴史と文化を体験するのに最適な場所です。
旅行するときの注意事項

フィンランドは非常に安全な国ですが、旅行者は常に個人的な財産に注意を払うべきです。また、自然を楽しむ際には、適切な装備と準備が必要です。

スロベニアの魅力

スロベニアは、その美しい自然、豊かな歴史、そしてユニークな文化で知られています。アルプス山脈から地中海まで、その地形は多様で、四季折々の風景を楽しむことができます。また、スロベニアは安全な国としても知られており、旅行者や留学生にとって魅力的な選択肢となっています。

気候

スロベニアの気候は、地中海性と大陸性の影響を受けています。夏は暖かく、冬は冷涼で、四季折々の風景を楽しむことができます。特に春と秋は、気温が適度で、自然を満喫するのに最適な季節です。

おすすめの観光スポット
  • リュブリャナ城: スロベニアの首都リュブリャナの中心部に位置するこの城は、市内の素晴らしい眺望を楽しむことができます。城内には博物館やレストランもあり、一日を過ごすのに最適な場所です。
  • ブレッド湖: 美しいブレッド湖は、その絵画のような風景で知られています。湖の中央にある小島には教会が建っており、ボートで訪れることができます。
  • ポストイナ洞窟: この壮大な洞窟システムは、その美しさと規模で知られています。電車で洞窟を探検するツアーがあり、その独特な地下世界を体験することができます。

 

旅行するときの注意事項

スロベニアは非常に安全な国ですが、旅行者は常に個人的な財産に注意を払うべきです。また、自然を楽しむ際には、適切な装備と準備が必要です。

英語が通じるアフリカ・中南米の国

 

 

アフリカや中南米の国々は、英語が公用語として使用されている国が少なく、英語習得の現状は様々です。しかし、英語が通じる国も存在します。

アフリカ・中南米で英語が通じる国

アフリカ・中南米で英語が通じる国の代表格は、南アフリカ、ナミビア、ケニア、ジンバブエ、ジャマイカ、バハマ、トリニダード・トバゴ、ベリーズなどです。これらの国々は、英語を公用語として使用しているか、英語を第二言語として使用しているため、英語を話す旅行者にとっても安心して訪れることができます。

アフリカ・中南米での英語習得の現状と背景

アフリカや中南米の多くの国々では、英語が公用語として使用されていないことから、英語習得の現状は比較的低い傾向にあります。

しかしながら、英語の重要性が認識され、英語教育に力を入れる動きが出てきています。以下に、アフリカ・中南米で英語習得の現状と背景について詳しく見ていきましょう。

南アフリカ:

南アフリカでは、英語が公用語の一つであり、英語教育が盛んに行われています。英語を話す環境も整っており、英語留学の人気国の一つです。

 ケニア:

ケニアでは、英語が公用語の一つであり、英語教育も重要視されています。英語の習得に適した環境が整っているため、英語留学の人気国の一つとなっています。

 ジャマイカ:

ジャマイカでは、英語が公用語の一つであり、英語教育も行われています。また、ジャマイカは英語を母語とする国の一つであり、英語を学ぶ上での発音やリズムの習得に適した環境が整っています。

 ベリーズ:

ベリーズは英語が公用語の一つであり、英語教育が行われています。また、英語が母語とする人口比率が高いことから、英語を話す環境が整っています。

 アフリカ:

アフリカの多くの国々では、英語が公用語として使用されていないため、英語習得の現状は低い傾向にあります。しかし、英語の重要性が認識されつつあり、英語教育に力を入れる動きが出てきています。

以上のように、アフリカ・中南米の国々で英語が通じる国は限られていますが、英語習得の重要性が認識され、英語教育に力が入っている国も増えています。

英語が通じる中東の国

中東地域では、英語が広く使用される国もありますが、一般的には英語の流暢さや普及度は比較的低いとされています。ただし、主要都市や観光地、国際ビジネスの中心地では、英語を話す人々を見つけることができる可能性が高いです。

以下は、中東地域において英語が一般的によく通じるとされる国です。

  1. アラブ首長国連邦(UAE)
  2. イスラエル
  3. カタール
  4. バーレーン
  5. オマーン

 

中東の国々における英語習得の現状と背景

アラブ首長国連邦(UAE):

アラブ首長国連邦は、ドバイやアブダビを含む繁栄した国家です。国内のビジネスや観光業は国際的な影響力を持ち、英語が重要なビジネス言語として使用されています。また、多国籍な労働人口が存在し、英語が共通のコミュニケーション手段となっています。

ドバイ(Dubai):

ドバイはUAE最大の都市であり、世界的な観光地として知られています。高層ビルや近代的な建造物、豪華なホテル、ショッピングモールなどが特徴であり、一大経済・商業中心地です。ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)という世界一の高層ビルやパーム・ジュメイラ島(Palm Jumeirah)といった人工島など、世界的なランドマークも多く存在します。

アブダビ(Abu Dhabi):

アブダビはUAEの首都であり、ドバイに次いで2番目に大きな都市です。石油産業が主要な経済基盤となっており、国際的な金融センターでもあります。アブダビには豪華なホテル、文化施設、モスク、美しいビーチなどがあり、観光地としても人気があります。

シャールジャ(Sharjah):

シャールジャはUAEで3番目に大きな都市であり、アラビア湾に面しています。文化的な魅力や歴史的な建築物が多くあり、文化首都として知られています。シャールジャはアラブ首長国連邦の文化的遺産の保護と促進に力を入れており、美術館や博物館が充実しています。

イスラエル:

イスラエルは、教育が重視されている国であり、英語は公用語の一つです。英語教育は公立学校から始まり、高い水準で教授されます。また、イスラエルはハイテク産業が盛んで、国際的なビジネスコミュニケーションの要素として英語が重要視されています。

カタール:

カタールは富裕な国家であり、教育への投資が盛んです。英語はカタールの公立学校で教えられる科目の一つであり、大学レベルでも英語の授業が行われています。国際的な経済やスポーツイベントへの関与もあり、英語の需要が高まっています。

バーレーン:

バーレーンは金融センターや商業の拠点として知られており、英語の使用が広がっています。英語は公立学校や大学で教えられ、ビジネスや観光業に従事する人々にとって重要な言語となっています。

オマーン:

オマーンでは、英語が公立学校の必修科目として教えられています。英語の教育レベルは高く、特に首都のマスカットでは英語が一般的に使用されます。また、観光業の成長に伴い、英語の需要も増加しています。

英語を活用する旅行のポイント

 

 

英語が通じる国で旅行をする場合、英語力を活かすことができます。ここでは、英語を活用した旅行のポイントについて解説します。

英語が通じる国でのコミュニケーション術

英語が通じる国で旅行する場合、現地の人々とコミュニケーションをとることができます。

英語を話せることで、現地の文化や習慣をより深く理解することができます。

以下に、英語が通じる国でのコミュニケーション術について詳しく見ていきましょう。

 現地の英語スピーカーと交流する

現地の英語スピーカーと交流することで、現地の文化や習慣をより深く理解することができます。

英語を話せる現地の人々と話をすることで、観光スポットやグルメ情報を得ることができます。

 オンライン翻訳サービスを利用する

英語が苦手な場合は、オンライン翻訳サービスを利用することも有効です。

スマートフォンなどに搭載された翻訳アプリを使用することで、簡単な会話や言葉の意味を調べることができます。

 現地の文化や習慣を学ぶ

現地の文化や習慣を学ぶことは、英語を話すためのヒントを得ることができます。

たとえば、英語が通じる国であっても、現地の人々に対して失礼な発言をしてしまうことがあります。

現地の文化や習慣を理解することで、スムーズなコミュニケーションをとることができます。

英語を活かした旅行プランニング

 

 

英語を活かした旅行プランニングをすることで、より充実した旅行を楽しむことができます。

以下に、英語を活かした旅行プランニングについて詳しく見ていきましょう。

 オンラインで情報収集する

英語を話せることで、インターネット上の情報を自由に閲覧することができます。

現地の観光情報サイトや旅行ブログを活用して、観光スポットやグルメ情報を収集することができます。

英語での予約手続きを行う

ホテルやレストランの予約など、旅行の手続きを英語で行うことができます。

海外旅行においては、英語が通じることでスムーズに手続きを進めることができます。

現地の英語ガイドを利用する

英語が苦手な場合は、現地の英語ガイドを利用することも有効です。

現地の英語ガイドを利用することで、観光スポットやグルメ情報をより深く理解することができます。

英語を話せる現地の人と交流する

 

 

現地の英語スピーカーと交流することで、観光スポットやグルメ情報を得ることができます。

また、現地の人々と交流することで、現地の文化や習慣をより深く理解することができます。

以上のように、英語を活用した旅行のポイントについて解説しました。

英語を話すことで、現地の文化や習慣をより深く理解することができ、より充実した旅行を楽しむことができます。また、英語を習得することで、グローバルな人脈を広げることもできます。

英語が通じない国で楽しむ方法

 

 

英語が通じない国に旅行する場合、現地の言葉を習得することで、より充実した旅行を楽しむことができます。ここでは、英語が通じない国での旅行のポイントについて解説します。

基本的な現地語フレーズの習得

英語が通じない国に旅行する場合、現地の言葉を習得することが大切です。以下に、現地語フレーズの習得について詳しく見ていきましょう。

日常会話のフレーズを覚える

基本的な日常会話のフレーズを覚えることで、現地の人々とのコミュニケーションをスムーズに行うことができます。

挨拶やお礼の言葉など、日常的に使われるフレーズを覚えることが重要です。

 観光に関するフレーズを覚える

観光に関するフレーズを覚えることで、現地の観光情報を理解することができます。

観光スポットやグルメ情報について尋ねることができるフレーズを覚えることで、より充実した旅行を楽しむことができます。

英語が通じない国での通訳アプリの活用

現在、多くのスマートフォンには、言語翻訳機能を持つアプリがあります。

以下に、英語が通じない国での通訳アプリの活用方法について詳しく見ていきましょう。

オフライン対応のアプリを利用する

海外旅行の場合、インターネット接続が不安定であることがあります。そのため、オフライン対応の通訳アプリを利用することが有効です。アプリをダウンロードしておくことで、インターネット接続がなくても通訳を利用することができます。

 旅行前に事前にアプリを試す

海外旅行前に、通訳アプリを試しておくことが重要です。アプリの精度や機能を事前に確認しておくことで、現地でスムーズに通訳を利用することができます。

英語が通じない国で通訳ガイドを雇う

 

 

英語が通じない国での通訳ガイドの雇用は、現地の文化や歴史を深く理解することができ、より充実した旅行を楽しむことができます。

以下に、英語が通じない国での通訳ガイドの雇用について詳しく見ていきましょう。

旅行前に通訳ガイドの情報を収集する

旅行前に、現地で利用できる通訳ガイドの情報を収集することが重要です。

観光案内所や旅行会社のホームページなど、情報源は多岐にわたります。

また、旅行者向けの口コミサイトなども参考にすることができます。

観光スポットやグルメ情報を調べておく

現地の通訳ガイドと共に観光スポットやグルメ情報を巡る場合、あらかじめ情報を調べておくことが重要です。

現地の言葉で情報を調べることができれば、よりスムーズな旅行ができます。

 通訳ガイドとのコミュニケーションに気を配る

通訳ガイドとのコミュニケーションには、言語の壁があることがあります。

コミュニケーションのために、身振り手振りを使ったり、グーグル翻訳アプリを活用することができます。

通訳ガイドとの円滑なコミュニケーションができるよう、心がけてください。

英語が通じなくて困るケースとは?

旅行や留学先で、英語が通じずに困るケースを考えてみましょう。遭遇する可能性が高いシチュエーションで、重要度の高い順にリストアップしてみました。

  1. 緊急事態: 病気や怪我、事故などの緊急事態が発生した際に、自分の状況を伝えることができない。
  2. 医療サービス: 医療機関での診察や治療に必要な情報を伝えることができない。
  3. 交通: タクシー、バス、電車などの公共交通機関で目的地や路線を伝えることができない。
  4. 宿泊施設: ホテルや宿泊施設でのチェックイン、チェックアウト、部屋の問題などを伝えることができない。
  5. 飲食: レストランやカフェでの注文、食物アレルギーの情報を伝えることができない。
  6. 観光: 観光地やミュージアムでの案内や説明を理解することができない。
  7. ショッピング: 商品の価格や詳細、支払い方法などを確認することができない。
  8. ローカルとのコミュニケーション: 地元の人々との交流や、文化的な理解を深めるためのコミュニケーションが難しい。

 

英語が通じない国を訪れる際には、基本的な現地語のフレーズを覚えておく、翻訳アプリを利用する、または現地で英語を話す人を見つけるなどの対策が重要になるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

英語が通じる国は、意外にたくさんあることに気づけたのではないでしょうか。

また、英語が通じない国でも楽しむための方法は、最新のアプリを使えば大丈夫だということに気づいていただけたと思います。

海外旅行や留学を検討する際に、ぜひ本記事の情報を参考にしてください。

そして、英語を活かして、新しい国での素晴らしい体験を存分に楽しみましょう!

退職後の海外移住を成功させよう!英語力が生活の質を左右するって本当?退職後の海外移住は、一度はあこがれる魅力的な選択肢ではないでしょうか。 英語を話せる国での新しい生活は、言語の壁を乗り越え、世界を...

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA