英語の上達 PR

英語の勉強を努力なしで毎日続ける方法は?習慣化で私もできた!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「英語が話せたらなあ」
「英語の成績をUPさせたい」

せっかく英語の勉強をスタートしたのに、いつの間にか挫折した経験はありませんか?

毎日英語の勉強を続けるのって、本当に難しいですよね。
でも、実は毎日続けるにはコツがあるんです。

英語の上達は、毎日のルーティンとして習慣化させる事が一番の近道です。
今回は、英語の勉強を習慣化するメリットや実践するコツを、
私の実体験を通して解説していきます。

アッピー
アッピー
こんにちは!海外旅行のためにオンライン英会話を始めて14年、受講回数1300回のアッピーです。英会話学習中の皆さんのお悩み解決になるような記事を目指しています。

英語学習は、週1回5時間より毎日30分が効果大

そもそも英語は、まとめて長時間より毎日少しでも続ける方が、身につきます。
英語は頭だけでなく、身体にも覚えさせることで使いこなせるようになるからです。

これはスポーツと同じ。
私はヨガを毎日していますが、1週間しないと身体がたちまち固くなり、思うようにポーズがとれなくなります。

それに、1日に5時間もしたら、ヘトヘトになって当分したくなくなります。
それよりも、毎日30分の方が、身体に優しく、効果的なのです。

英語は、毎日触れて身体に覚えさせることが大切。
毎日英語を努力なしで勉強できるように、習慣化しましょう。

習慣化したらどんなメリットがあるの?

習慣とは、「顔を洗う」や「お風呂に入る」などのように生活の中のルーティン行動をいいます。
習慣化された行動は、脳が無意識のうちに行うため、ストレスとは無関係。

英語の勉強を習慣化したら、具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

記憶が定着しやすくなる

英語の勉強は繰り返し積み重ねて行うことが効果的。
復習する習慣がつくため、脳に刷り込まれ、記憶力がUPします。

人間の脳のメカニズムは不思議。
毎日続けると、脳が活性化されて、どんどん記憶力が良くなります。

ストレスを感じず自然に勉強を楽しめる

ストレスは脳を小さくしてしまうという、研究結果があります。
勉強にストレスを感じたら、記憶力が減退してしまうので、良いことは少しもないのです。

習慣化することによって、我慢しながら勉強をするという感覚がなくなります。
勉強を楽しむ感覚が、自然と身についたら、こっちのものです。

どんどん勉強時間を延ばしていくことも、可能になります。

自信が生まれ、さらにモチベーションがUP

「できるようになった」「続けてきた」という達成感が自信になります。
それがさらなる継続のモチベーションへとつながっていきます。

「自信をつけたら脳が活性化される」という事が化学的に立証されているそうです。
ポジティブな気持ちが沸き上がって、活動的になるうえに、記憶力もUP!

毎日続けられる自分に「自信」をもてるようになれば、どんどん英語が上達しそうですね。

毎日続けるためのパターン作り

英語の勉強を習慣化したら、メリットしかないことがわかりましたね。
では、どうしたら英語の勉強を習慣化できるのでしょうか。

いつ、どこで勉強をするのか、自分のパターンを作ると習慣化できるようになります。

例えばヤフー知恵袋でこんな事例も。

毎日、英語の勉強の習慣をづける工夫をしている方はいらっしゃいますか?
何か良い方法があれば教えてください。
少しでも英会話を身につけたいと思っています。
今月から初めてNHKのラジオ英会話を聞いています。
習いに行くよりずっと安いし、自宅でリラックスして学べて、また思ったより楽しいです。
復習用にCDも買いたいのですが、毎月買うには高くて無理です。
しかし段々と、やる気が失せてきました。

あなたの英語の勉強を習慣づける工夫を教えてください。

ヤフー知恵袋

それに対しての回答。

ラジオは録音して後でと思うと結局聞かなかったりするので、CDも聞かないかも。

なのでラジオはリアルタイムに聞く。
それがコツですかね。

練習問題もテキストなしで言ってみる。

学校の授業の予習を前夜にする、など授業に合わせて必要なことをやるようにすれば、あまり習慣づけとか考えなくても、学習は自然に進むでしょう。

ヤフー知恵袋

このように、自宅でリラックスした時に勉強しようと思っても、続かないのが現状のようです。

ここでは英語を毎日勉強するために、私が実践した習慣化のパターン例を紹介します。
参考になれば、嬉しいです。

  • 通勤途中に勉強する
  • 朝起きたら、すぐに勉強する
  • トイレやお風呂に入った隙間時間に勉強する
  • 学校や会社へ、早く行って勉強する

時間と場所を決めたら、意外と続くものです。

特に、朝の時間は、脳の回転が良いので効率的。
朝活を強くおすすめします!

あなたも、自分に合ったパターンを作ってください。

毎日続けるには、まず準備から

自分に合ったパターンを見つけたら、勉強の準備です。
どれも大事なので、まずは準備をしてからのぞみましょう。

大きな目標を立てて、ワクワクする

まずは大きな目標を立てましょう。
モチベーションが上がり、英語学習を継続する力になります。
例えば、具体的には次のような目標はいかがでしょうか。

  • TOEIC 〇〇〇点
  • 英検 〇級合格
  • 海外留学をする
  • 海外へ一人旅する
  • 世界一周旅行をする
  • 英語を使って仕事をする

また、その上で、次のうれしい事にもつながりそうですね。

  • ネイティブの友達を作る
  • 友達・上司をあっと驚かす
  • 異性を振り向かせる

いつも、目標を達成した自分をイメージしてください。
想像したら、ワクワクして夢が広がり、勉強が楽しくなりますよ。

ちなみに私の最初の目標は、海外へ一人旅することでした。
すでに実現し、海外一人旅の壁はなくなりましたよ!

繰り返し勉強ができそうな、英語の教材を選ぶ

教材選びは最も大切です。
いつ、どこで勉強するのかで、使う教材が違ってきます。

一つだけの教材にこだわっている方は要注意。
色んな媒体がある事を知っておきましょう。常に時代は進歩しています。
ここでは、大まかにどのような英語教材の媒体があるのかを見ていきます。

  • 英語のテキスト・雑誌・新聞などの紙媒体
  • 動画・映画など youtube,Netflix
  • 学習アプリ
  • オンライン英会話
  • リスニング教材
  • 放送番組 NHKなど

改めて上げてみると、様々な媒体がありますね。

具体的な教材は、ここではあげませんが、
TPOに合わせて、繰り返して勉強できるものを厳選するのがコツです。

ずっと付き合っていけそうな、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

ざっくりとした計画を立てる

さて、英語教材を選んだら、自分のパターンに当てはめて、ざっくりとした計画を立てましょう。

例えば、次のような感じで具体的に何の教材を使うのか考えてみましょう。

  • 通学・通勤途中 → リスニング教材
  • 朝起きたら → オンライン英会話
  • お風呂・トイレに入ったら →英語のテキスト
  • 学校や会社で → スマホアプリや動画視聴

それぞれ、いつまでに、どこまでやるのか、どれぐらいやるのか、おおまかな計画を立ててみましょう。

ここで大切なことは、1日5分だけでも、とにかく勉強すればOKという、甘いルールにしておく事です。

習慣化が目的なので、無理をしなくても達成できそうな、ゆるめの計画を立てるのがコツです。

毎日、勉強の記録をつける

毎日、勉強の記録をつけるのも、習慣化にはおすすめです。
勉強の達成状況を記録として残せば、
「これだけ続けてきている」という達成感が生まれます。

記録をつける方法には

  • スマホに入力する
  • ノートに記入していく
  • 日記に書き込む
  • 壁に貼った計画表に書き込む

などの方法があります。
さっとすぐに記録を取れそうな、自分に合った簡単な方法にしましょう。

私は、小さなノートに「一日一行日記」をつけています。
その日にできた事にチェックを入れたり、時間を書き込んでいくだけでの簡単なものです。

勉強内容を記録するのがベターですか、勉強した時間数だけを記録したり、チェックマークを入れるだけでも効果的です。

積み上げられた実績を見れば、確実に勉強のモチベーションが上がりますよ。

1か月、準備した方法を続けてみよう

さて、準備できたら、ここからが本番。
努力なしにと言いながら、少し頑張る必要があります。
人間の行動が、習慣として脳に刷り込まれるには、2か月必要だと言われているからです。
いきなり習慣化できるわけではありません。

準備した方法を、まずは、1か月継続してみましょう。
次の1か月は、これまでの半分以下の努力ですんでしまいます。

なので、1か月目が踏ん張りどころなのです。
習慣化の魔法を信じて、ワクワクした未来を想像しながら続けてみましょう。

これはやめよう! 挫折しないためのコツとは

英語の勉強を始めたときは、やる気いっぱいで、意気揚々としていますよね。
そんな時、計画を詰め込んでしまいがちになります。

でも、ちょっと待った!
挫折しないために、毎日続けるためのコツは、次のような注意をすることです。

計画を詰め込み過ぎない

計画を詰め込み過ぎて、辛いと感じるようになったら、習慣化を妨げてしまいます。
計画通りにいかなくて、「ああ自分ってダメだ」と自信を無くしてしまうからです。

特に初心者の方は、英語の勉強自体が嫌になってしまいますので、要注意です。
まずは習慣化することを目指して、毎日少しでOKぐらいのルールにしておきましょう。

苦痛に感じる勉強はすぐにやめる

勉強方法に苦痛を感じたら、すぐにやめてしまいましょう。
最初のうちは、習慣化が目的。
自分に合わないと感じたら、すぐに勉強方法を変えることをおすすめします。

習慣にするためには、楽しいと思える勉強を選択して続けることがポイントです。
英語の勉強方法はたくさんあります。
自分に合った楽しい勉強方法はないか、常に情報収集しましょう。

常にアンテナを広げて、自分に合った勉強方法で続ける事が、英語上達のポイントです。

習慣化の裏パワー 私の実体験

ここでは、英語の勉強を毎日続けるために、私が裏側で実際にやった事を紹介します。
誰にでも合っているとは思いませんが、皆さんの参考になれば幸いです。

日記ブログを立ち上げて勉強仲間をつくった

日本で英語の勉強している人口って、ものすごい数だということをご存じですか?
あなたの周りにも必ずいるはずです。
周りにいなくても、今ではSNSで簡単につながる事ができるのです。

私の場合は、自分の日記ブログを立ち上げ、勉強の進度を書き込んでいきました。
自分が契約しているインターネットプロバイダの無料ブログではじめました。
ブログの開設は、意外にも簡単でしたよ!

毎日、勉強の進度と、思ったことを書き込んでいたら、同じ教材を使って勉強している仲間が、自然と集まってきてコメントをくれるようになりました。

中にはご自分のブログをお持ちの方もいらしたので、訪問してコメントを残すと、どんどん輪が広がりました。
目的は皆同じ。皆さんも、私と同じ悩みを持っていたのです。

どんどん面白くなってきて、自分の備忘録として教材の単語や熟語のまとめ記事を作ったら、アクセスが増えました。

自分のペースメーカーとして立ち上げたブログでしたが、思いがけず仲間に出会えました

どうしたら、勉強を継続できるのか・・・・。
これは、ここを訪れた皆さんにも共通した、英語学習の永遠の課題であるかもしれません。

少しの勇気と手間で、あなたも励まし合える仲間を持つことができるかもしれません。
毎日続ける仲間ができたら、英語学習は格段に楽しくなりますよ。

私のオンライン英会話の学習日記をUPしています。
気になる方は、こちらのサイトへどうぞ

メンターをつくって励みにした

「メンター」(Mentor)とは、「助言者」や「相談者」という意味です。
初心者に助言を与えたり、相談に乗ることを通じて成長を促す人物を指します。

あなたに英語学習のメンターはいますか?

私の場合、オンライン英会話で出会った、一人のフィリピン人の先生がいます。
その素朴なかわいらしい先生が何となく気に入って、レッスンを優先的にとっていました。

色々と話したい事ができ、その先生と会話するために勉強していたようなものです。
英語表現についての質問や、勉強方法の相談にのってもらいました。

おすすめのテキストを教えてもらい、それを使ってレッスンしてもらったりしました。

そしてついに、その先生が住んでいる「セブ島」へも足を運んでしまいました。
観光地を案内してくれたり、楽しい時間を過ごすことができた思い出は、一生の宝です。

勉強を始めたころに想像もしなかった展開が待っていたのです。

初心者の方は、メンターを作ることを意識して、取り組んではいかがでしょうか。

毎日続けられる、正の勉強スパイラルに、すっぽりハマれるかもしれません。

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
習慣化の裏パワーとは、人とのつながりでしたね。
あなたは、もうすでに「裏パワー」を持っているかもしれません。

これまで、英語の勉強を習慣化させて、毎日続ける方法を解説してきました。
毎日、英語の勉強を続けるために、習慣化する方法は、

  1. 習慣化のパワーを知る
  2. 一日のルーティンに入れ、勉強をパターン化する方法を考える。
  3. 大きな目標をたてる
  4. パターンのTPOに合った教材を選ぶ
  5. ざっくりとした計画を立てる
  6. 記録することで達成感を味わう
  7. 習慣化の裏パワーとなる、人とのつながりを見つける

「わかってるけど、難しい!」「なんだか、できそう」
と、色々と感じられたかと思います。

習慣化して、知らず知らずのうちに目標に近づくことができたら、幸せですね。
何ごとも「継続は力なり」です。
一緒にがんばりましょう。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA