英語の上達 PR

誤解を避けよう!アメリカ英語とイギリス英語の面白い表現の違い

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは!
皆さんは、アメリカ英語とイギリス英語の違いについて気づいたことはありますか?

同じ言語でも、発音、スペル、表現が違っていることに驚かされることでしょう。実は、これらの違いは英語圏の文化や歴史から生まれたものなんです。

この記事では、アメリカ英語とイギリス英語のユニークな違いや、それらがどうして生まれたのか、さらに、誤解を招く表現についても紹介していきます。

一緒に楽しみながら、英語の世界がもっと広がり、コミュニケーションの幅も広がることでしょう。アメリカ英語とイギリス英語の面白い違いを探検していきましょう!

アッピー
アッピー
こんにちは!海外旅行のためにオンライン英会話を始めて14年、受講回数1300回のアッピーです。英会話学習中の皆さんのお悩み解決になるような記事を目指しています。

アメリカ英語とイギリス英語の違い

アメリカ英語とイギリス英語の違いとは?

英語は世界中で広く使われていますが、アメリカ英語とイギリス英語はそれぞれ独自の特徴を持っています。

この違いは、歴史や地理的要因からくるもので、発音、スペル、文法、語彙に至るまで様々な面で現れています。

例えば、イギリス英語では「colour」と書くのに対して、アメリカ英語では「color」と表記されることがあります。

アメリカ英語とイギリス英語の面白い違い

アメリカ英語とイギリス英語の違いは、語彙やイディオムにも現れています。

例えば、「アパートメント」はアメリカ英語で、「フラット」はイギリス英語で同じ意味の住居を指します。

また、「トラック」はアメリカ英語で大型車を意味し、「ローリー」はイギリス英語で同じ意味です。

アメリカ英語とイギリス英語の見分け方は?

アメリカ英語とイギリス英語を見分ける方法はいくつかあります。まず、発音が大きな手がかりとなります。

アメリカ英語では、例えば「schedule」を「スケジュール」と発音するのに対して、イギリス英語では「シェジュール」と発音されることが多いです。また、文法の違いもあります。

例えば、イギリス英語では集合名詞を複数形で扱うことが多いのに対し、アメリカ英語では単数形で扱われることが一般的です。

アメリカ英語とイギリス英語の違いは、英語学習者にとって面白いトピックですが、コミュニケーションを円滑に進めるためにも理解しておくことが重要です。

アメリカ英語とイギリス英語の違いの起源

アメリカ英語とイギリス英語が違う理由

アメリカ英語とイギリス英語が異なる理由は、主に歴史的、地理的、そして文化的な要因によるものです。

イギリス英語は、英国の歴史や文化を反映した言語であり、古くからの伝統が色濃く残っています。

一方、アメリカ英語は、イギリスから独立したアメリカ合衆国が形成される過程で、さまざまな国の移民が持ち込んだ文化や言語が融合し、独自の英語が発展していった結果、現在のアメリカ英語が生まれました。

アメリカ英語とイギリス英語の歴史の違い

アメリカ英語とイギリス英語の歴史的な違いを理解するには、次のようなポイントがあります。

  • 17世紀に遡ると、イギリスの植民地時代に多くのイギリス人がアメリカへ移住しました。その過程で、イギリス英語は環境の変化や他の民族との接触によって変化し始めました。
  • アメリカ独立戦争を経て、アメリカ合衆国が成立したことで、アメリカ英語はより独自の道を歩み始めました。アメリカ英語の初期の発展に大きな影響を与えたのが、ノア・ウェブスターでした。彼は、アメリカ独自の言語としてのアイデンティティを確立するため、綴りや文法に変更を加えました。
  • アメリカ英語は、多くの移民が持ち込んだ言語や文化との接触によって、独自の語彙やイディオムが生まれました。このような要因が重なり、アメリカ英語とイギリス英語は、それぞれ独自の発音、文法、語彙などを持つ言語に発展していきました。
  • 現在、アメリカ英語とイギリス英語は、共通の基盤を持ちながらも、それぞれ独自の特徴を持つ英語として、世界中で広く使われています。しかし、グローバル化やインターネットの普及に伴い、両方の英語が互いに影響を受け合い、変化を遂げていることも事実です。

アメリカ英語とイギリス英語の違いを知ることは、英語学習者にとって英語の多様性や文化的要素を学ぶチャンスでもあります。また、英語の起源や発展の過程を知ることは、異なる英語圏の人々とのコミュニケーションや異文化理解を深めるためにも役立ちます。

アメリカ英語vsイギリス英語

アメリカ英語とイギリス英語、どっちが多い?

英語は世界中で広く使われていますが、アメリカ英語とイギリス英語のどちらが主流かというと、アメリカ英語が圧倒的に多くの人に使われています。

これは、アメリカが世界最大の経済大国であり、映画や音楽、インターネットの分野で世界的な影響力を持っているためです。

また、英語が母国語でない人々にとっても、アメリカ英語を学ぶことが一般的です。

なぜ日本ではアメリカ英語がイギリス英語よりも主流なのか?

日本では、アメリカ英語がイギリス英語よりも主流である理由は、主に次の2つです。

まず、第二次世界大戦後のアメリカ軍による占領が大きな影響を与えています。

連合国の中でアメリカが最も強い影響力を持っていたため、日本の英語教育はアメリカ英語を基準にするようになりました。

また、アメリカの文化が日本に強く影響を与えていることも、アメリカ英語が主流となっている理由の一つです。

映画や音楽、ファッションなど、アメリカ文化が日本で広く受け入れられており、その結果、アメリカ英語がイギリス英語よりも親しみやすくなっています。

アメリカ英語とイギリス英語、どっちが簡単?

アメリカ英語とイギリス英語のどちらが簡単かという問題は、主観的な要素が大きいです。しかし、一般的には、アメリカ英語の方が習得しやすいとされています。

これは、アメリカ英語の発音がイギリス英語に比べて平坦で、リズムが分かりやすいためです。

また、アメリカ英語の文法や綴りは、一部分においてイギリス英語よりも簡略化されていることが挙げられます。

ただし、どちらが簡単かという問題には個人差があります。

例えば、イギリス英語に親しみを感じる人や、イギリスの文化や歴史に興味を持つ人にとっては、イギリス英語の方が習得しやすいと感じるかもしれません。

また、英語学習者にとって重要なのは、どちらの英語を学ぶかよりも、英語全体に対する理解を深めることです。

アメリカ英語とイギリス英語の違いを理解し、世界中の英語を話す人々とコミュニケーションができる能力を身につけることが、最終的には大切だと言えるでしょう。

アメリカ英語とイギリス英語の発音・スペルの違い

 

アメリカ英語とイギリス英語、なぜ発音とスペルが異なるのか?

アメリカ英語とイギリス英語の発音やスペルの違いは、主に歴史的背景と地理的距離によるものです。

アメリカとイギリスは、大西洋を挟んで離れているため、それぞれの国で独自の発音やスペルの変化が起こりました。

また、アメリカの英語は、イギリス英語から独立した言語として発展し、独自のルールが確立されたことも大きな要因です。

イギリス英語が聞き取りやすいのはなぜ?

イギリス英語が聞き取りやすいと感じる人がいる理由は、発音が明瞭であるためです。イギリス英語では、子音をはっきりと発音し、音節の区切りが明確です。

一方、アメリカ英語では、子音が弱められることがあり、音節の区切りがあいまいになることがあるため、聞き取りにくいと感じる人もいます。

発音の違いの例

アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いには、以下のような例があります。

  • “schedule”: アメリカ英語では「スケジュール」、イギリス英語では「シェジュール」
  • “advertisement”: アメリカ英語では「アドヴァーティズメント」、イギリス英語では「アドヴァーチスメント」
  • “dance”: アメリカ英語では「ダンス」、イギリス英語では「ダンス」(ア行の母音が異なる)

スペルの違いの例

アメリカ英語とイギリス英語のスペルの違いには、以下のような例があります。

  • “color”(アメリカ英語)と “colour”(イギリス英語)
  • “center”(アメリカ英語)と “centre”(イギリス英語)
  • “traveled”(アメリカ英語)と “travelled”(イギリス英語)

このように、アメリカ英語とイギリス英語には発音やスペルの違いが数多く存在します。

アメリカ英語とイギリス英語の語句・表現の違い

アメリカ英語とイギリス英語の語句・表現の違いについて、英語学習者がよく混乱するポイントを3つ取り上げます。

単語の意味の違い

アメリカ英語とイギリス英語では、同じ単語でも意味が異なることがあります。

例えば、「truck」という単語は、アメリカでは「トラック」を意味しますが、イギリスでは「lorry」と言います。

「apartment」はアメリカで「アパート」を指すのに対し、イギリスでは「flat」と言います。これらの違いを理解し、適切な状況で使い分けることが重要です。

フレーズやイディオムの違い

アメリカ英語とイギリス英語では、フレーズやイディオムにも違いがあります。

例えば、アメリカでは「I could care less」と言って興味がないことを示しますが、イギリスでは「I couldn’t care less」と言います。また、

「knock on wood」というフレーズは、アメリカで「木を叩いて運を招こう」という意味ですが、イギリスでは「touch wood」と言います。

文法の違い

アメリカ英語とイギリス英語では、文法にも若干の違いが見られます。

例えば、イギリス英語では集合名詞(例:チーム、家族)を複数形で扱うことが一般的ですが、アメリカ英語では単数形で扱うことが多いです。

また、過去形のスペルにも違いがあります。アメリカ英語では「-ed」が一般的ですが、イギリス英語では「-t」が使われることがあります(例:learned / learnt)。

アメリカ英語とイギリス英語で誤解を招く語句・表現

アメリカ英語とイギリス英語で誤解を招く語句・表現は、恋愛、家庭、仕事、旅行、友人同士の関係でトラブルを引き起こすことがあります。

恋愛でトラブル

“date”(デート):アメリカ英語では、恋人同士が遊びに行くことを指しますが、イギリス英語では「日付」の意味もあります。混乱を避けるために、「デート」を指す場合は”going out”や”seeing someone”を使いましょう。

“hook up”(フックアップ):アメリカ英語で、一夜限りの関係を指す俗語ですが、イギリス英語では「出会う」や「つながる」の意味もあります。誤解を避けるために、代わりに”one-night stand”や”casual relationship”を使いましょう。

“I’m stuffed”(アメリカ英語): 私はお腹いっぱいです
「I’m stuffed」(イギリス英語): 私は性的な意味で満足しています(不適切な表現)

“I’m feeling randy”(イギリス英語): 私は性的に興奮しています
「I’m feeling randy」(アメリカ英語): 私は元気(良い気分)です(意味が異なる)

“I’m feeling peckish”(イギリス英語): 私は少し空腹です
「I’m feeling peckish」(アメリカ英語): 一般的には理解されない表現

“Fancy a shag?”(イギリス英語): セックスしませんか?(直接的で不適切な表現)
「Fancy a shag?」(アメリカ英語): 理解されない可能性が高い

家庭内でトラブル

“biscuit”(ビスケット):アメリカ英語では、パンの一種を指しますが、イギリス英語では「クッキー」の意味です。混乱を避けるために、アメリカ英語では”cookie”、イギリス英語では”biscuit”を使いましょう。

“pants”(パンツ):アメリカ英語ではズボンを指しますが、イギリス英語では下着の意味です。ズボンを指す場合は、アメリカ英語では”pants”、イギリス英語では”trousers”を使いましょう。

“I’m going to the chemist’s”(イギリス英語): 薬局に行きます
「I’m going to the chemist’s」(アメリカ英語): 理解されない可能性が高い(アメリカ英語では “drugstore” または “pharmacy”)

“I need to buy some nappies”(イギリス英語): オムツを買いに行かないと
「I need to buy some nappies」(アメリカ英語): 理解されない可能性が高い(アメリカ英語では “diapers”)

“Could you get some courgettes?”(イギリス英語): ズッキーニを買ってきてもらえますか?
「Could you get some courgettes?」(アメリカ英語): 理解されない可能性が高い(アメリカ英語では “zucchini”)

“Can you put the rubbish in the bin?”(イギリス英語): ゴミをゴミ箱に入れてもらえますか?
「Can you put the rubbish in the bin?」(アメリカ英語): 理解されない可能性が高い(アメリカ英語では “trash” または “garbage”)

“The washing machine is on the blink”(イギリス英語): 洗濯機が壊れている
「The washing machine is on the blink」(アメリカ英語): 理解されない可能性が高い(アメリカ英語では “broken” または “not working”)

仕事でトラブル

“CV”(シーヴィー):アメリカ英語では学術界の履歴書を指しますが、イギリス英語では一般的な履歴書の意味です。アメリカ英語では”resume”(レジュメ)、イギリス英語では”CV”を使いましょう。

“holiday”(ホリデー):アメリカ英語では祝日や休日を指しますが、イギリス英語では休暇のことです。休暇を指す場合は、アメリカ英語では”vacation”、イギリス英語では”holiday”を使いましょう。

“Table a motion”(アメリカ英語): 提案を棚上げする
「Table a motion」(イギリス英語): 提案を議題に上げる

“I’ll knock you up in the morning”(イギリス英語): 朝に起こしに来る
「I’ll knock you up in the morning」(アメリカ英語): 朝に妊娠させる(不適切な表現)

“Let’s have a brainstorming session”(アメリカ英語): ブレインストーミングセッションを開催しましょう
「Let’s have a brainstorming session」(イギリス英語): 発作を引き起こす(ニュアンスが悪い)

“I need a rubber”(イギリス英語): 消しゴムが必要です
「I need a rubber」(アメリカ英語): コンドームが必要です(不適切な表現)

旅行でトラブル

“fanny pack”(ファニーパック):アメリカ英語ではウエストポーチのことを指しますが、イギリス英語では「おしりのバッグ」の意味があり、下品な言葉として扱われます。イギリス英語では”bum bag”を使いましょう。

“chips”(チップス):アメリカ英語ではフライドポテトのことを指しますが、イギリス英語ではポテトチップスの意味です。イギリス英語では”crisps”、アメリカ英語では”fries”を使いましょう。

“Where can I find the loo?”(イギリス英語): トイレはどこにありますか?
「Where can I find the loo?」(アメリカ英語): 理解されない可能性が高い(アメリカ英語では “restroom” または “bathroom”)

“Can I have a glass of water without ice?”(アメリカ英語): 氷なしで水をもらえますか?
「Can I have a glass of water without ice?」(イギリス英語): イギリスでは通常、氷が入っていないため、不必要な指定

“Do you have a timetable for the trains?”(イギリス英語): 電車の時刻表はありますか?
「Do you have a timetable for the trains?」(アメリカ英語): 理解されない可能性が高い(アメリカ英語では “schedule”)

“I’d like to hire a car”(イギリス英語): 車を借りたいです
「I’d like to hire a car」(アメリカ英語): 理解されない可能性が高い(アメリカ英語では “rent a car”)

友人同士でトラブル

“mate”(メイト):イギリス英語では友達や仲間を指しますが、アメリカ英語では恋人を指すことがあります。混乱を避けるために、アメリカ英語では”buddy”、イギリス英語では”mate”を使いましょう。

“knackered”(ナッカード):イギリス英語で「疲れた」という意味ですが、アメリカ英語では通じません。アメリカ英語では”tired”、イギリス英語では”knackered”を使いましょう。

“Let’s grab some fags”(イギリス英語): タバコを買いに行こう
「Let’s grab some fags」(アメリカ英語): 不適切な言葉(アメリカ英語では “cigarettes”)

“I’m going to the pub”(イギリス英語): パブに行く
「I’m going to the pub」(アメリカ英語): 理解されない可能性が高い(アメリカ英語では “bar”)

“I need to put petrol in my car”(イギリス英語): 車にガソリンを入れないと
「I need to put petrol in my car」(アメリカ英語): 理解されない可能性が高い(アメリカ英語では “gas” または “gasoline”)

“Can you lend me a quid?”(イギリス英語): 1ポンド貸してもらえる?
「Can you lend me a quid?」(アメリカ英語): 理解されない可能性が高い(アメリカ英語では “dollar”)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私たちの英語学習は、これらの違いを楽しむことで、もっと魅力的でエキサイティングになります。これらの違いを理解して、英語を話す友達が増えることを楽しみにしましょう!

それから、誤解を招く表現にも気を付けて、思わぬトラブルを避けるようにしましょう。友達との会話がもっと楽しく、スムーズになることでしょう。

これからも、アメリカ英語とイギリス英語の知識を活かして、どんどん新しい人と出会い、英語でコミュニケーションを楽しんでいきましょう!

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA